「聖書」 一覧

no image

信仰の境地について 「眠られぬ夜のために」8月2日

人の生涯には、いつか突然、単純な信仰の境地が訪れて、神への真の愛がなければ、どんな信仰も、また神の意志についてのどんな歴史的な、あるいは教義的な知識も、魂の向上に役立たないことが分かり、反対に、心のな …

神のために 「眠られぬ夜のために」7月31日

本当に神のために行う全てのことは祝福と成就が与えられ、これに反して、エゴイズムや、利己的な目的を兼ねたり裏にかくした行いには、神ののろいが下される。 「眠られぬ夜のために」 7月31日より 栄光に預か …

no image

神の思いについて 「眠られぬ夜のために」7月30日

しかし神みずからの意図どおりにそれが達成できるような全く忠実な、感謝の念にもえる人間がいかにまれであるかが分かるからである。 「眠られぬ夜のために」 7月30日より 聖書からの引用 「主は高くいまして …

no image

神との結びつき 「眠られぬ夜のために」7月29日

人間が、このたしかに可能な、神との結びつきの方法から遠ざかるやいなや、神の最大の敵で在る獣的官能性、もしくは恐るべき迷信の支配に陥りがちである。 「眠られぬ夜のために」 7月29日より 聖書の引用 「 …

享楽の断念 「眠られぬ夜のために」7月25日

生の享楽を根本的に断念することは、初めのうち実に困難なものである 「眠られぬ夜のために」 7月25日より 世俗的な喜びを断念すること、これは考えるだけでも難しいことである。しかし、難しいのは、その喜び …

働くことについて 「眠られぬ夜のために」7月22日

この喜びがただ働くことによってのみ与えられ、他に喜びのわき出るいかなる源泉も許されないことである。 「眠られぬ夜のために」 7月22日より 働かざるもの、楽しむべからず—。しかし、仕事をすることでしか …

no image

与えること 「眠られぬ夜のために」7月21日

人に与えるということも、多くの偉大な事柄と同じように、ただ実地の練習を通じて学ぶものである。 「眠られぬ夜のために」 7月21日より 行動が、やはりここでも重要である。いくら素晴らしいことを心で行って …

no image

応答について 「眠られぬ夜のために」7月20日

内的な犠牲をささげるたびに、即刻それに対して、上から実際に応答があった。 「眠られぬ夜のために」 7月20日より 神から何も答えがない、と思う前に、それに相応しい「犠牲」をささげているだろうか。心の中 …

同情について 「眠られぬ夜のために」7月19日

人から同情してもらいたがるのは、一つの弱点であり、最もすぐれた人には決してありえないことである。 「眠られぬ夜のために」 7月19日より 同情することと、されること。この2つは、その立場によってかなり …

失ったものについて 「眠られぬ夜のために」7月18日

ただ不幸を体験することのみが、偽りの詩や哲学の、さらには誤った政治の導く結果を、そして、それらによって損なわれた人間の姿を、手にとるように明瞭に認識させるものである。 「眠られぬ夜のために」 7月18 …

Copyright© htaka's Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.