「 投稿者アーカイブ:htakata 」 一覧

no image

信仰の境地について 「眠られぬ夜のために」8月2日

人の生涯には、いつか突然、単純な信仰の境地が訪れて、神への真の愛がなければ、どんな信仰も、また神の意志についてのどんな歴史的な、あるいは教義的な知識も、魂の向上に役立たないことが分かり、反対に、心のな …

礼拝の目的 「眠られぬ夜のために」8月1日

神はみずからのためになにごとも求めず、すべてをわれわれのために欲したもう。 「眠られぬ夜のために」 8月1日より 祈ること、教会へ行くことはクリスチャンにとって「義務」なのか。私たちは神が求めるから、 …

神のために 「眠られぬ夜のために」7月31日

本当に神のために行う全てのことは祝福と成就が与えられ、これに反して、エゴイズムや、利己的な目的を兼ねたり裏にかくした行いには、神ののろいが下される。 「眠られぬ夜のために」 7月31日より 栄光に預か …

no image

神の思いについて 「眠られぬ夜のために」7月30日

しかし神みずからの意図どおりにそれが達成できるような全く忠実な、感謝の念にもえる人間がいかにまれであるかが分かるからである。 「眠られぬ夜のために」 7月30日より 聖書からの引用 「主は高くいまして …

no image

神との結びつき 「眠られぬ夜のために」7月29日

人間が、このたしかに可能な、神との結びつきの方法から遠ざかるやいなや、神の最大の敵で在る獣的官能性、もしくは恐るべき迷信の支配に陥りがちである。 「眠られぬ夜のために」 7月29日より 聖書の引用 「 …

no image

幸福と名誉について 「眠られぬ夜のために」7月28日

われわれは、本当にできるだけのことを、人びとのためにしなければならない。 「眠られぬ夜のために」 7月28日より 誰に対してもいつでもどこでも、私たちは他人に対して親切にできるだろうか。それも自身の見 …

退屈について 「眠られぬ夜のために」7月 27日

悪い主義によってよりも、むしろ退屈であるがために、その生涯の不幸となるような事柄に誘い込まれることが多いものである。 「眠られぬ夜のために」 7月27日より 何もすることがない、というのは本来正しくな …

no image

神から遠ざかること 「眠られぬ夜のために」7月26日

神から遠ざかることは、われわれが出会う唯一の大きな不幸である 「眠られぬ夜のために」 7月26日より 幸福な生活か、そうでないかを選ぶのは、結局のところ私たちである。どのような状況に置かれても、正しい …

享楽の断念 「眠られぬ夜のために」7月25日

生の享楽を根本的に断念することは、初めのうち実に困難なものである 「眠られぬ夜のために」 7月25日より 世俗的な喜びを断念すること、これは考えるだけでも難しいことである。しかし、難しいのは、その喜び …

no image

内的生活について 「眠られぬ夜のために」7月24日

あなたの義務を行いなさい、できるならば楽しい気分で。 「眠られぬ夜のために」 7月24日より 優れた内的生活を送ること。それだけで、なんと素晴らしいことなのだ、そしてそこに到達することさえも、なんと難 …

Copyright© htaka's Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.