眠られぬ夜のために 聖書

平安について 「眠られぬ夜のために」10月4日

投稿日:

彼らの中には、それによって慰めにみちた確信が得られ、彼らに欠けている魂の平和、さらに健康までもが得られるならば、どんな困難な努力もいとわぬ覚悟の人も少なくない。「眠られぬ夜のために」10月4日より

心の平和が得られるかどうか、それはどこまで見えないものを信頼できるかによる。またその「難関」を越えたとしても、その周りにある、いろいろなそれにまつわるものに対して、もし嫌悪感や軽蔑を感じると、本当に大事なものまで、捨ててしまう可能性もある。

聖書からの引用

「そこにいた人の何人かが、憤慨して互いに言った。「なぜ、こんなに香油を無駄遣いしたのか。 この香油は三百デナリオン以上に売って、貧しい人々に施すことができたのに。」そして、彼女を厳しくとがめた。 イエスは言われた。「するままにさせておきなさい。なぜ、この人を困らせるのか。わたしに良いことをしてくれたのだ。 貧しい人々はいつもあなたがたと一緒にいるから、したいときに良いことをしてやれる。しかし、わたしはいつも一緒にいるわけではない。 この人はできるかぎりのことをした。つまり、前もってわたしの体に香油を注ぎ、埋葬の準備をしてくれた。 はっきり言っておく。世界中どこでも、福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう。」 十二人の一人イスカリオテのユダは、イエスを引き渡そうとして、祭司長たちのところへ出かけて行った。」

‭‭マルコによる福音書‬ ‭14:4-10‬ ‭新共同訳‬‬

https://bible.com/bible/1819/mrk.14.4-10.新共同訳

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。 わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。 わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」」

‭‭マタイによる福音書‬ ‭11:28-30‬ ‭新共同訳‬‬

https://bible.com/bible/1819/mat.11.28-30.新共同訳

「正義を勝利に導くまで、 彼は傷ついた葦を折らず、 くすぶる灯心を消さない。 人の子に言い逆らう者は赦される。しかし、聖霊に言い逆らう者は、この世でも後の世でも赦されることがない。」 「汚れた霊は、人から出て行くと、砂漠をうろつき、休む場所を探すが、見つからない。 それで、『出て来たわが家に戻ろう』と言う。戻ってみると、空き家になっており、掃除をして、整えられていた。 そこで、出かけて行き、自分よりも悪いほかの七つの霊を一緒に連れて来て、中に入り込んで、住み着く。そうなると、その人の後の状態は前よりも悪くなる。この悪い時代の者たちもそのようになろう。」 イエスがなお群衆に話しておられるとき、その母と兄弟たちが、話したいことがあって外に立っていた。 そこで、ある人がイエスに、「御覧なさい。母上と御兄弟たちが、お話ししたいと外に立っておられます」と言った。 しかし、イエスはその人にお答えになった。「わたしの母とはだれか。わたしの兄弟とはだれか。」 そして、弟子たちの方を指して言われた。「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。 だれでも、わたしの天の父の御心を行う人が、わたしの兄弟、姉妹、また母である。」」

‭‭マタイによる福音書‬ ‭12:20, 32, 43-50‬ ‭新共同訳‬‬

https://bible.com/bible/1819/mat.12.20-50.新共同訳

-眠られぬ夜のために, 聖書

Copyright© htaka's Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.